sasakijunko official website

Logo

佐々木淳子先生のエッセイコーナー

「ピー太の部屋」【第23回】(2008年11月)

illust

 どうもこんにちは。……今回のイラストは、久々にプロフィールシリーズその5、名取優ちゃんです。えー…私、ディープグリーンの第5話から、キャラの私服デザインをアシスタントをしてもらっているAさんにお願いしているのですが、あまり活かされてなくって申し訳ない思いをしているのが、この優ちゃんです。…せっかくステキにコーディネイトしてもらっても、ちまちまちっちゃく描いてしまって、何のためにデザインしてもらったんだか状態で……。もっとどーんと、でっかく描きたいのですけれどね。…がんばろっと。あと、色は、彼女に聞かずにいーかげんに塗っちゃいました……イメージ違うって言われるかなぁ? でも何か、デザインしてもらうと、自分では考えないようなものを着せることができるし、新鮮だし、だんだんキャラがはっきりしてきて、育ってくるみたいで楽しいです。……もし、私のデザインに戻ったら、性格もまた戻ってダサくなっっちゃうのでしょうか……。私、新聞のチラシとか参考にしちゃいますしね〜。

  ……で、新聞のチラシと言えば、何かここ数年、多すぎませんか?週末ともなれば新聞自体よりず〜っと多くて重くって。……特に、巨大なよい紙で印刷されているマンションのチラシとか、厚くて重い(もちろんよい紙を使っています)冊子状のファッション誌みたいのとか、もはやチラシとはいえないような、リサイクルに出すのさえもったいない物がどっさりとはさまってて……。あーっこんな紙でこんな印刷で本とかイラスト集とか作ったら、かなり高価なものができちゃうよ。それがチラッと一瞬、目に留まるか留まらないかでゴミ扱い。……裏の白いチラシは当然、抜き出してメモとかいろいろ使っています。(ちなみにこの文章の下書きもチラシ。えー…洗足(せんぞく)駅徒歩5分一戸建て7,980万円だそーです……)時々、セールスのチラシとかも利用しちゃうんで、全面廃止を願うってわけでもないんですけどね……。それに、チラシの量とかは、新聞社によって決まるわけではなく、それぞれの店によって違うらしいんで(母の実家は新聞屋さんです)。うちの周辺のチラシの量が異常に多いだけなのかもしれません。

  ……あーでもやっぱもったいない。でも……こんな贅沢はいまだけかも。50年後は、たぶん……ないよね?

  ……ではまた。

■Webサイト上のイラスト、写真、文章等の無断転載、掲載、二次使用、商用使用などは堅く禁じます(リンクに用いる際のバナーデータを除く)。
■リンクフリーです。リンクはトップページ(http://www.sasakijunko.com/)にお願いします。